【教師五者論】教師は学者、役者、芸者、医者、易者であるべき。

五者とは「学者」「役者」「芸者」「医者」「易者」のことです。

この五者論、「教師」と付いていますが、「企業の◯長」「リーダー」「マネージャー」と言われる、一定のチームを取りまとめる人の心得としても使えるものです。

スポンサーリンク


学者

第一に教師は「学者」であるべきだと言います。

当然といったら、当然ですね。誰かに何かを教える立場の人ですから。

これは物事を詳しく知っているという「知識」的な面もそうですが、

どのように使っていけば成果が上がるのかという「技能」的な面、

この状態では何がベストかがある程度見当付くという「経験」的な面など、

人生の知恵全般を言うのだと思います。

そして「学者」は研究をやめません。研究を続けているからこそ「学者」と言われます。

自分の知識、技能、経験に満足せず、どん欲に新しいものを求める人

教師でなくても、そんな人と仕事をしたいと思いませんか?

あるいは、そんな人にマネジメントしてもらいたいと思いませんか?

役者

第二に、教師は「役者」であるべきだと言います。

人を引きつける力を磨こう、ということです。

2人の教師がいます。話の内容は2人ともまったく同じです。しかし、

一人は、一方的にダラダラと長い話を続ける、

もう一人は、ときどき笑いをいれたり、質問をしたりしながら話を進める、

どちらの教師から教えてもらいたいでしょうか?内容がまったく同じであったら。

人を引きつける力は、どこまで相手の状況を考えられるか、に関係してくると思います。

この話をしたら、相手はどういう反応をするかな?

この話は、伝わりやすかったかな?

などなど、相手の状況を考えながら自分を調整することが大切です。

芸者

第三に、教師は「芸者」であるべきだと言います。

人が楽しく成長できる環境をつくろう、ということです。

人は楽しくなければ、成長しません。絶対に。

苦しい状態では、その課題から逃れることに必死で、自分や他人を高めようなんて考える余裕が無いと思います。

教師は、相手が楽しみながら成長できる環境をつくることが必要です。

例えば、ゲームの要素を取り入れて何人かで競いながら課題を進める、問題の提示方法を工夫してワクワク感を出す、何かができたらご褒美がある、などです。

これは、大人を相手にしているリーダーやマネージャーなどにも当てはまると思います。

様々な工夫で、相手が楽しめる状態を考えましょう。

スポンサーリンク


医者

第四に、教師は「医者」であるべきだと言います。

子供の成長に対する不安を取り除こう、と言うことです。

成長するためには、様々な不安と向き合わなければいけません。

「これは自分にできるのか?」

「この方法でいいのか?」

「こんな時、どうすればいいのか?」

不安は尽きないものだと思います。そんな不安の一つ一つに向き合い、成長するが前向きになれるように手助けしてあげることも、教師の役割です。

もちろん、「リーダー」や「マネージャー」にも当てはまることだと思います。

チームメンバーの気持ちに寄り添おうとすることは。

易者

第五に、教師は「易者」であるべきだと言います。

易者(えきしゃ)とは、占い師のことです。

その人の強みを引き出そう、ということです。

本当に、占いをするわけではありません。しかし、近くで見ている教師こそ、その子の特徴や得意や苦手なことを把握しやすいと思います。

そういった様々な要素の中でも、強みを引き出すのがポイントです。

結局、その人がどのように成長していくのは、分かりません。おそらく、本人ですら分からないと思います。

だから「占って」あげるのです。

教師が「あなたは◯◯が強みだから、ここを伸ばすといい」と言ってあげるだけで、本当に伸びていくものです。

人の強みを見つけ、引き出すことも教師の役割です。

まとめ

教師五者論

「学者」・・・勉強を教える人

「役者」・・・人を引きつけられる人

「芸者」・・・相手が成長する環境がつくれる人

「医者」・・・相手の不安を取り除ける人

「易者」・・・相手により良き道を示せる人

この「五者論」は、教師だけではなく、人の上に立つ立場の人たち、「リーダー」や「マネージャー」にも当てはまることだと思います。

人の上に立つ、人を導く立場の人は、一度この五者論について考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーかど

元教職歴7年です。 教員時代は1年生から6年生の学級担任と特別支援教室の担任の経験をしました。子供達曰く「楽しくて恐ろしい?先生」だそうです。色々、叱り過ぎたかなぁ・・・。 妻と娘との3人暮らしです。 箱から出しまくったティッシュを静かに戻したり、散乱したおもちゃをけなげに片付けたり、腕を引っ張られてもだまって付いていったり、と、娘の育児に奮闘するイクメン・・・のつもりです。いや、ママには勝てません! 趣味は、サイクリングに読書に登山にスノーボードに、と目新しいものに片っ端から手を出しています。