【いじめの実態】学校で起きるいじめとは何か?

学校に関する話題の一つに「いじめ」があります。

この記事では、学校教員として勤務した経験がある管理人の立場から「学校におけるいじめ」をまとめました。

スポンサーリンク


そもそも「いじめ」とは?

「いじめ」とは何か、法律で決まっています。

いじめ防止対策推進(平成二十五年法律第七十一号)より抜粋

第二条 この法律において「いじめ」とは、児童等に対して、当該児童等が在籍する学校に在籍している等当該児童等と一定の人的関係にある他の児童等が行う心理的又は物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものを含む。)であって、当該行為の対象となった児童等が心身の苦痛を感じているものをいう。

第四条 児童等は、いじめを行ってはならない。

第八条 学校及び学校の教職員は、基本理念にのっとり、当該学校に在籍する児童等の保護者、地域住民、児童相談所その他の関係者との連携を図りつつ、学校全体でいじめの防止及び早期発見に取り組むとともに、当該学校に在籍する児童等がいじめを受けていると思われるときは、適切かつ迅速にこれに対処する責務を有する。

以下、いじめの条件をまとめますと、

・行為の対象になった子が、心身の苦痛を感じている行為

・心理的または物理的な影響を与える行為

・一定の人間関係がある人からの行為

この3点が満たされた行為を「いじめ」と法律では定義します。

 

つまり、

・見知らぬ人から、いきなり殴られた。

・友達とふざけ合って悪口を言い合ったが、双方特に気にしていない。

こういった行為は「いじめ」ではありません。

しかし、「友達から悪口を言われた事は一回だけだが、その言葉が心に残って今も苦しい思いをしている」ことは「いじめ」になります。

以前の定義では、「継続的」「一方的」「深刻な」という言葉が入っていましたが、現在では削除されています。とにかく「嫌な思い」をしたら、いじめと見なされるということです。

誰もが「被害者」「加害者」になる

簡単に言ってしまうと「友達から受けた行為で、嫌な思いをしたものは、いじめ」となります。つまり、学校にいる子供たちは、誰もが「被害者」であり「加害者」になりうる、ということです。

 

「いじめ」に関する報道は、どれも痛ましいものばかりです。いじめを苦にして、命を絶つ子も後を絶ちません。事件が起きると、学校や教師、教育委員会の責任が議論されるのも、繰り返されていることです。

しかし、というか実は、学校現場では日常茶飯事的に「いじめ」は起きています。外から見ると小さなもの(関係者にとっては重大事でありますが...)ですので、大きく報道されることはありません。

「いじめ」を考えると、どうしても固定的な「被害者」と「加害者」をイメージしてしまいますが、いじめの定義から考えると、その両者の区分は曖昧で、一定の人間関係の中で生活している以上、誰もがそのどちら側にもなりえます。

スポンサーリンク



最も重要なのは「傍観者」

jordanterapia / Pixabay

「それでは、教育現場の教師は黙って見ているだけなのか!?」

そうでは、ありません。

いじめに関することで、見落としがちなのが「傍観者」というポジションです。実は、この「傍観者」に働きかけることで、いじめを防ぐ、またはいじめが発生しても早期発見、早期対処することが可能になってきます。

「傍観者」とは、文字どおり「見ている人」で、

・被害者・・・いじめのターゲットになってしまった人

・加害者・・・いじめ行為を行う人

・傍観者・・・被害者と加害者に関わる関係にいる人たち(同じクラスの子など)

このように、区分されます。

 

何らかのいじめが起きたとき、この「傍観者」が機能しないと、

・いじめ行為を繰り返す加害者を止めない。

・いじめられる被害者のことを無視する。

・教師にいじめの事実を伝えない。

といった、悲しいことが起きます。

 

しかし、「傍観者」が上手く機能すると、

・いじめ行為をする加害者を止める。

・いじめられる被害者の心理的、物理的な支えになる。

・いじめの事実を教師に報告する。

実際、これらのことが全てできるわけではありませんが、この一つでも行動に移してくれれば、いじめが拡大せずに済みます。

全ての子の人間関係に教師が目を光らせることは、絶対に無理ですので、

・日頃から「いじめはいけない」ことを伝える。

・その中でも「傍観者」の役割と重要性を伝える。

・何でも気付いたことは、報告するように伝える。

こういった指導を継続的に行っているか否かが、いじめを拡大するか、食い止めるかの差につながります。

学級の雰囲気がいじめを防止or悪化させる

このことは別の記事でも書きました。

【いじめの実態】いじめが悪化するクラスの特徴


詳しくは、そちらの記事を読んでください。

つまり「傍観者にいじめを食い止める役割を与えるためには、上手い学級経営が必要」ということです。

まとめ

学校で起こるいじめとは何か

1 「いじめ」は法律で定義されている。

2 誰もが「被害者」と「加害者」になる。

3 「傍観者」が重要な役割を担っている。

4 いじめを食い止めるためには、上手い学級経営が必要。

いじめは、絶対に許せないものです。端から見たら小さな行為でも、被害者にとっては生きていられない苦痛を味わっているかもしれません。

教育現場に関わってきた人間として、少しでもいじめを食い止める力になれたらと思います。

スポンサーリンク


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーかど

元教職歴7年です。 教員時代は1年生から6年生の学級担任と特別支援教室の担任の経験をしました。子供達曰く「楽しくて恐ろしい?先生」だそうです。色々、叱り過ぎたかなぁ・・・。 妻と娘との3人暮らしです。 箱から出しまくったティッシュを静かに戻したり、散乱したおもちゃをけなげに片付けたり、腕を引っ張られてもだまって付いていったり、と、娘の育児に奮闘するイクメン・・・のつもりです。いや、ママには勝てません! 趣味は、サイクリングに読書に登山にスノーボードに、と目新しいものに片っ端から手を出しています。