【学級崩壊】なぜ、クラスは荒れるのか?(教師側の理由)

たびたび話題になる「学級崩壊」です。

学級崩壊が起きる理由は様々ですが、大体共通する理由はあります。

今回は、学級崩壊が起きる「教師側」の理由をまとめました。

スポンサーリンク


「話」を聞かせられない

学級崩壊が起きるクラスには、必ずと言っていいほど、この理由が当てはまります。

「教師が話を聞かせられないから、学級崩壊が起きた」のか、「学級が崩壊気味であるから、教師が話を聞かせられない」のかは、ケースバイケースですが、

どっちにしろ「子供に話を聞かせられない教師」は、学級を崩壊させます。確実に。

学級での指導は、全て「教員の話」から始まります。学級でのルールを決めていくのも、良い行動を評価するのも、悪い行いを正すのも、まずは教師の言葉です。

その言葉が子供に通らない状態では、クラス全体をまとめていくことはできません。

ルールが明確じゃない

「優しい先生」も「厳しい先生」も、学級崩壊を起こします。

なぜなら、ルールが明確じゃないからです。

「優しい先生」は、優しすぎるあまり子供の行動を全て認めてしまう、

「厳しい先生」は、厳しすぎるあまり子供の行動を全て否定してしまう、

どちらも「先生目線」で事に対象しているので、その場限りの対応になってしまいます。

結果、どちらの先生も子供から見たら「気分によってルールが変わる人」と映ります。そうなれば、後は簡単。先生の目を盗んで、自分たちのやりたいことを通すだけです。

一人一人の子がそうやって勝手な事を通し始めていき、気付けば全体がバラバラになっています。

スポンサーリンク


指導に一貫性がない

先ほどの話に通じますが、言っている事がその場限りで一貫性が無い場合、クラスは簡単に崩壊します。

子供たちは、自分が関わっている教師に対して、絶えず値踏みをしています。絶えず。

この人は信頼できるのか、この人は甘いのか、この人は自分のことをどこまで見ているのか...などなどです。

その様々な価値規準の中で「この先生の前では嘘をつけない」と思われない限り、学級の安定は成り立ちません。

指導に一貫性がない教師には、子供信頼が集まりません。

信頼されない教師は、あっとう間に子供に見限られます。

まとめ

学級崩壊が起きる教師側の理由

1 子供に「話」を聞かせられない

2 ルールが明確じゃない

3 指導に一貫性がない

スポンサーリンク


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーかど

元教職歴7年です。 教員時代は1年生から6年生の学級担任と特別支援教室の担任の経験をしました。子供達曰く「楽しくて恐ろしい?先生」だそうです。色々、叱り過ぎたかなぁ・・・。 妻と娘との3人暮らしです。 箱から出しまくったティッシュを静かに戻したり、散乱したおもちゃをけなげに片付けたり、腕を引っ張られてもだまって付いていったり、と、娘の育児に奮闘するイクメン・・・のつもりです。いや、ママには勝てません! 趣味は、サイクリングに読書に登山にスノーボードに、と目新しいものに片っ端から手を出しています。