【学級崩壊】クラスが荒れる3つのパターン

学級崩壊はどのような学校でも、どのような地域でも起きます。

正確には「起きる可能性」があります。

崩壊する原因は、クラスによってまちまちです。共通の原因があるワケではありませんし、いくつもの要素が絡み合って、崩壊に至ってしまうことがあります。

しかし、一定のパターンはあります。

「あのクラスが崩壊したのは、おそらく◯◯のパターン...」と言える感じです。

今回は、クラスが崩壊する原因を3つのパターンに分けで、まとめました。

スポンサーリンク



先生の指導が強すぎる

「熱血教師」「思いが強い」「完璧主義」

そんな先生が受け持つクラスは、このパターンが多いです。

先生自身にどうしても譲れない「何か」がある、ので、その一線を越えてしまった子供に対して、

 

・キツく叱る

・怒鳴る

・体罰まがいのことをする

・無視する

 

といった、精神的・肉体的苦痛を与えてしまいます。当の先生本人は「良い指導」「仕方がない指導」と思っているので、さらにたちが悪いです。

そういう熱血指導を受け止められる(時に、受け流せる)子供なら、いいのかもしれませんが、みんながみんな、そうではありません。一時は良くても、そのうちに耐えられなくなってしまいます。

そうやって潰れるのが一部の子だけならば(本当良くないのですが)学級崩壊へは至らない、のかもしれませんが、本当に怖いのはここからです。

 

学級の雰囲気は、学級担任の振る舞いによって決まります。

 

もの凄く単純化すると、「優しい先生のクラスは優しく」「厳しい先生のクラスは厳しく」なります。雰囲気が。

もちろん、優しいだけではやっていけないのですが、その指導が必要以上に厳しいものだと、そして「厳しすぎる言葉」や「厳しすぎる態度」を含んだものであると、

子供たち同士が、

 

・互いの行動を監視し、ダメだし合う。

・ちょっとのことで「死ね」「馬鹿」といったマイナスの言葉が出る。

・協力せず、競争する雰囲気が生まれる。

・互いを認め合わず、反発し合う。

・一人一人が、自分の行動のみを優先する。

...完全な「ダメ組織」ですね。ここまで来ると「崩壊」認定です。

残念ながら「指導の強すぎる先生」は、自分の学級を「ダメ組織」に変える素質を持っているようです。

もちろん、時に厳しい指導は必要です。しかし「それだけではダメ」ということです。

 

厳しいだけ先生の致命的な欠陥は、

「自分の厳しい指導、その思いは、必ず子供に伝わる」

と勝手に思っていることです。...伝わるわけないんですけどね。テレパシーが使えるわけないし。

もし、自分が厳しい指導をしたのであれば、必ずその理由を説明すること。そして、厳しさは多様せず、限定的に使うこと、そのバランス感覚が大切です。

先生の指導が弱すぎる

逆のパターンです。先生の指導が弱すぎる場合です。

主な特徴としては、

 

・子供同士のトラブルが起きていても指導しない。

・マイナスな言葉が飛び交っていても、黙認する。

・先生自身の指導方針、学級の目標などを子供に説明しない。

・指導すること、子供にとって許される範囲が曖昧で、日によって言っていることが変わる。

 

こんなところでしょうか。はっきり言って「指導力不足」ですね。子供たちからも「この目の前の大人は、果たして頼れるのか?相手にして大丈夫か?」と疑念を持たれます。

 

そうなると、あとは真っ逆さまです。

一部の子が先生の言うことを聞かなくなる

先生が注意しても、相手にしない

言いつけを守っている他の子たちの不満がたまる

自由に行動する子たちに、賛同する子が一人、また一人と増える

さらに、学級がまとまらなくなる

先生は注意を繰り返すが、誰も聞く耳を持たない

コントロール不可の「崩壊」状態

 

一般的な流れですね。初任者教員や、性格的に優しすぎる教員にこのパターンが多いです。

「先生が強すぎる」と同じですが、この2つが厄介なのは「改善するための究極的な方法は、学級担任が交代する」しか無いことです。だって、教員と子供の関係が壊れているので。

スポンサーリンク



一部の子がかき回す

今までの二つは「担任の責任」ですが、最後のタイプは「子供」が主役です。

どのようなクラスにも「やんちゃ」「元気いっぱい」「はっきりものを言う」ような子が所属しています。

そんな子たちが中心となって、クラスをかき回すパターンです。

 

やんちゃな子が授業中も落ち着かない

先生が指導するが、言うことを聞かない

子供たちが、指導しきれない先生を見下すようになる

先生は、更に強い指導に出るが、逆効果

学級全体の統制が取れなくなる

 

また、最近では発達障害児...なんて言葉が広まってきましたが、全国、どのような学級にも、一定数の発達障害児が所属していることが、明らかになってきました。

その子たちへの指導が上手くいかなかったとき、また個性が強い子たちと周囲との関係が上手くいかなかったとき、学級の足並みが揃わなくなってしまうことがあります。

「なんであの子(発達障害児)だけ、授業中に好き勝手が許されて、私たちは許されないのか」

「先生は、あの子(発達障害児)にだけ優しくて、私たちには厳しい」

そんな思いを持たれてしまったら、悲惨です。

始まりは少しのきっかけなのでしょうが、そこから事態が拡大していき、崩壊へ至ることがあります。

まとめ

 

クラスが荒れる3つのパターン

1 先生の指導が強すぎる

2 先生の指導が弱すぎる

3 一部の子がかき回す

もの凄く単純化した話なので、実際にはこれらが複合して起きるのが「学級崩壊」です。

ご自分が経験されたパターンはどれなのか、よくよく考えてみると対策が打ちやすいのかなと思います。

スポンサーリンク



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーかど

元教職歴7年です。 教員時代は1年生から6年生の学級担任と特別支援教室の担任の経験をしました。子供達曰く「楽しくて恐ろしい?先生」だそうです。色々、叱り過ぎたかなぁ・・・。 妻と娘との3人暮らしです。 箱から出しまくったティッシュを静かに戻したり、散乱したおもちゃをけなげに片付けたり、腕を引っ張られてもだまって付いていったり、と、娘の育児に奮闘するイクメン・・・のつもりです。いや、ママには勝てません! 趣味は、サイクリングに読書に登山にスノーボードに、と目新しいものに片っ端から手を出しています。