【保護者対応】保護者との上手な付き合い方とは?

保護者との付き合い方は、教師であれば、誰でも悩みどころだと思います。

自分では色々と気をまわして接しているつもりでも、何かの出来事があったとき、保護者からクレームをもらうと、

本当にへこみます。

「ちゃんとやったのに」「なんで伝わらなかったんだろう」「自分が悪いのかな」

と自分を責めてみたり、

「あの人の考え方が変なんだ」「うまく聞いてくれなかったあの人が悪い」

人のせいにしたりと、反応はいろいろかと思います。

人と人との付き合いなので、どうしてもズレがでてしまうのはしかたないですが、

今回はその「ズレ」を最小限度にとどめるため、現役時代私がやっていたことを記事にまとめました。

ポイントは3つです。

スポンサーリンク


日々の様子を伝えるツールをもつ

私は学級たよりを不定期(だいたい週に1回くらい。忙しい時は月1のときも。)に発行して、子供たちの様子、学級での取り組み、今担任が考えていること、などなど伝えていました。

これが、結構効果的で、学級の保護者の方に会うと、

「お便りのあの記事、おもしろかったです!」

「うちの子のがんばりをのせて頂いて、ありがとうございます!」

良い反応が頂けました。基本的に悪いことは書きませんので(書いたところで管理職からダメ出しをくらいます)保護者の方が家で子供を褒める材料の、一つにはなったのかと思います。

私以外にも、学級だよりを発行している先生は、保護者との関係が上手くいっていた(ような)気がします。少なくとも、何かでもめて、大きな問題になるようなことは聞きませんでした。

書き方、編集の仕方、形式は人それぞれなので、いろいろ参考にしてみて欲しいです。別の記事でも、まとめましたので、詳しくはそちらをお読みください。

また、保護者を校内で見つけたら、ちょっとした雑談を試してみるのもいいと思います。

その子の様子をこちらか伝えるか、どうしても話すことがなければ、

「最近、お子さんの様子はどうですか?」

質問してみるのもいいと思います。そこから話がふくらんでいけば、ラッキーです。

とにかく、こちらから情報をどんどん発信すると、いいと思います。

保護者会は「株主総会」だと思う

「株主総会」とは、株式会社が年に1回は開く会議で、株主(会社の権利を持つ人)達が、会社のリーダーを選んだり、会社の方針を決めたりする会です。

株式会社にとって、最も重要な会議です。

年に数回、保護者会があると思います。

その会議を「最重要会議」と考えて、十分な準備ができるかどうかで、保護者の担任への評価が変わってきます。

現役時代、

「仕事を休んでまで保護者会に出席したのに、担任は原稿を棒読みして、紙に書いてあることをただ伝えていただけ。こんな会、もう出席する意味がない。」

そんなお怒りのアンケートを頂いたことがあります。(私の学級の保護者ではなかったのですが)

保護者の方には、働いているかたも大勢います。そんな方も、忙しい時間をやりくりして出席してくれます。

「来てよかった」と思ってくれる会にして、出席してくれた方に感謝する

そんな気持ちで準備すると、より担任の良さが伝わるのではないかと思います。

私は、プレゼンソフトで取りためた写真や動画を紹介しながら、子供たちの様子を話す形式で行いました。これが毎回大好評で、出席率は8割を超えていくことができました。

準備には時間がかかりますが、内容は日々自分が接している子供たちのことなので、全然難しくないです。

来てくれた人を楽しませる気持ちがあれば、どんな形でも大成功すると思います。

スポンサーリンク


子供に対する言葉を意識する

お知らせ、ということでは、日々の担任が話す言葉が、一番のお知らせになります。

毎日、膨大な内容を子供に向けて話します。その内容や言い方に気をつけるだけで、保護者の印象は変わります。

だいたい、変な脚色がされて保護者には伝わります。子供たちに話した内容は。

難しい伝言ゲームなので仕方がないのですが、少しでも言葉や言い方、あとそれを話しているときの表情に気をつけるだけで、伝わり方は変わってきます。

自分が子供に話している時も、その後ろには保護者がいると思っていた方が、余計なことを言ったばかりに始まる、つまらない事件が起きなくて済みます。

まとめ

保護者との上手な付き合い方

1 日々の様子を伝えるツールをもつ

2 保護者会は「株主総会」だと思う

3 子供に対する言葉を意識する

「言葉」に注意しながら「伝え方」に気を配ってみてください。

ちょっとの意識と工夫で、より良い関係が築けるものと思います。

スポンサーリンク


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーかど

元教職歴7年です。 教員時代は1年生から6年生の学級担任と特別支援教室の担任の経験をしました。子供達曰く「楽しくて恐ろしい?先生」だそうです。色々、叱り過ぎたかなぁ・・・。 妻と娘との3人暮らしです。 箱から出しまくったティッシュを静かに戻したり、散乱したおもちゃをけなげに片付けたり、腕を引っ張られてもだまって付いていったり、と、娘の育児に奮闘するイクメン・・・のつもりです。いや、ママには勝てません! 趣味は、サイクリングに読書に登山にスノーボードに、と目新しいものに片っ端から手を出しています。