【教師の恋愛】校内恋愛のありがちな、3つの組み合わせ

先生も一人の人間ですので、普通に恋愛をします。

しかし、普通の人とちょっと違うのは、

・その姿や行動が多くの人に注目される(子供や親からも、社会的にも)

・行動範囲が限定的(仕事が行われるのは、原則学校内)

・倫理的に正しい立場にいないといけない(下手なことはやりにくい)

といったことがあげられます。要するに、行動の自由が狭まれていることです。

 

中々、学校外の人と接点もありませんので、自然、関心は同業者に向けられます。

そう、先生は「職場恋愛」率が高くなりがちです。

今回は、先生が職場恋愛をするとき、その「ありがちな組み合わせ」をまとめました。

スポンサーリンク


学年が一緒

一番ありがちなのは、一緒に学年を組んで親しくなったパターンです。

子供のとき、

「1組の◯◯先生と3組の××先生は、付き合ってるんじゃない?」

といった噂をしませんでした?

あれは、もの凄くよくある話です。管理人が初めて勤めた学校では、管理人以外の若手教員全てが、このパターンで結ばれていました!

その数、なんと、3カップル!

...そのカップル同士は、お互いに情報を交換していたらしく、若手教員で管理人だけ仲間はずれでした...。まぁ、私はそのとき、もう結婚していたんですけどね。

といった感じで、本当、よくある話です。

同期で研修が一緒

先生になると必ず「初任者研修」というものを受けます。

これは法律で決まっている研修なので、北海道から沖縄までの全ての先生が受けます。

この初任者研修で「くっつく」先生も多いです。

研修を行う自治体によって、研修内容や回数は微妙に異なりますが、基本的に1年間同じメンバーで行います。

研修所に集まって講義を聴いたり、一緒に研究授業を行ったり、宿泊研修に行ったり...。

そこで仲が深まり、それが男女だと自然に恋愛関係に発展します。

管理人の周りでは、初任者研修を通してカップルになった同期が5組!そのうち、結婚した同期が2組います。

これも、先生の世界ではありがちな話です。

ただし、自治体や採用年度によって初任者の数はまちまちです。都市部の大きな自治体では「100人近く」なのに対し、地方では「1人」...ってこともあります。

大学卒業時に恋人が居ない先生志望者は、この機会が多くの「同年代異性」と出会えるラストチャンスですが、その数は自治体によるので、期待し過ぎも...。

スポンサーリンク


保健の先生や専科など「一人職」の先生

学校の先生のほとんどが担任をもつ仕事なのですが、その中でも原則「一人職」の先生がいます。

保健の先生が代表的で、都市部の小学校では図工や音楽などの授業を受け持つ「専科」の先生も学校に一人であることが、多いです。

こういった先生と担任をもつ先生との組み合わせも、よくあるパターンです。

校内でも、先生同士は意外と接点が無いものです。

特に、小学校の学級担任は原則自分だけで全ての授業ができるので、他の先生との関わりはあまりありません。

その中でも、ほとんどの先生が関わりをもつのが、

・保健の先生

・専門教科の先生

です。自分のクラスの授業をしてもらったり、クラスの子の世話をしてもたらったりするので。

何度も言いますが、学校は閉鎖空間なので、少しでも接点がある先生同士は、それが男女であった場合は特に、自然と互いを意識し合う仲になります。

ですので、こういった組み合わせも「よくある話」です。

まとめ

 

校内恋愛のありがちな組み合わせ

1 学年が一緒

2 同期で研修が一緒

3 相手が保健や専門教科の先生

これは「管理人調べ」なのですが、先生をやっている人の恋愛パターンは、多くがこの3パターンのどれかに入ります。

悲しいことに、それだけ「狭い世間」で先生たちは仕事をしている、ということをご理解ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーかど

元教職歴7年です。 教員時代は1年生から6年生の学級担任と特別支援教室の担任の経験をしました。子供達曰く「楽しくて恐ろしい?先生」だそうです。色々、叱り過ぎたかなぁ・・・。 妻と娘との3人暮らしです。 箱から出しまくったティッシュを静かに戻したり、散乱したおもちゃをけなげに片付けたり、腕を引っ張られてもだまって付いていったり、と、娘の育児に奮闘するイクメン・・・のつもりです。いや、ママには勝てません! 趣味は、サイクリングに読書に登山にスノーボードに、と目新しいものに片っ端から手を出しています。