【子供の心理】なぜ、子供はいたずらをするのか?

新聞広告を部屋中にバラまく、

お菓子を投げ捨てる、

リビングのテーブルに乗って飛びおりる、

うちの娘もいたずら真っ盛りです。まだ1歳なので可愛いですが、大きくなると、

壁に落書きをしたり、人に物をぶつけたり、高いところから物を落としてみたりと、子供がするいたずらには限りがありません。

大人からすると毎回毎回、イライラしたりハラハラしたりするものですが、

ところで、なぜ子供はいたずらをするのでしょうか?

「やめなさい!」「いいかげんにしなさい!」

と大人から止められても、むしろ止められるような子の方が、新たないたずらを思いつく気がします。

それは、子供は実験をする生き物だからです。

スポンサーリンク


 

子供たちにとっては「実験」でしかない

うちの娘がやっている、

新聞広告を部屋中にバラまく、

お菓子を投げ捨てる、

リビングのテーブルに乗って飛びおりる、

これらは、彼女にとって、ただの実験でしかありません。

新聞広告を部屋中にバラまいたらどうなるかな!?

お菓子を投げたらどうなるかな!?

テーブルに乗ってみたいな!飛びおりちゃえ!!

...このように考えているかは、彼女に聞いたわけではないので分かりませんが、子供側からすれば、その行動自体に悪気はありません。

単なる「実験」です。

単に興味がわいたから、やっているだけに過ぎません。

大人だって興味があることに対して、誰かから、

「なんで、そんなことに興味をもつの?」

と聞かれたら、即答は難しいですよね。そして、適当な言葉を並べて返事をすると思います。返事をしながら、

(別に、面白そうと思っただけじゃん!)

そんな風に思うのではないでしょうか?

ふと、思いついたことに、厳密な理由はありません。

ただ、なんとなく、です。

そして、子供たちはその「なんとなく」実際にやってみただけです。

 

「いたずら」とは、大人の見方

そんないたずらに対して、大人たちは、

「なんでこんなことしたの!!」

よくある叱りセリフですね。でも、さっきの話に戻りますと、

興味に理由は無い

のですから、答えようがありません。答えたとしても、

「なんとなく」

とは言えませんから、適当に理由をつけるわけです。

「◯◯ちゃんがやってたから」「◯◯があったから」

などなど。

でも、大人だって興味に理由は付けにくいのですから、この質問は厳しいですよね?

そして「いたずら」とは、あくまで「大人の側から見たこと」でしかありません。

子供たちは純粋に、自分の心に従ったまで、です。

よく「正直になりなさい」とか「素直になりなさい」とか言うのに、こういう時に限って、その話はなくなります。

「いたずら」とは、「子供たちの実験を大人側から見た言葉」です。

<スポンサーリンク>



実験を「見守れる」大人に

だからと言って、全ての「実験」を受け入れましょう、とは言えません。

橋から川に飛び込む実験、物に火をつける実験、誰かに怪我をさせる実験...。

世の中には「やってはいけない実験」が山ほどあります。

大人には「その実験がどういう性質のものなのか」見極める力が求められているのだと思います。

そして「やってもいい実験」であれば、根気づよく「見守る」ことも大切なのだと思います。

どこまでOKでどこからNGか、それは大人一人一人によって考え方が異なると思いますが、

「基本的に実験はOK」だけど「〜に当てはまるものはNG」

そのように線引きをしておけば、いいのではないでしょうか。

子供はときに痛い思いをしなければ学べないこともあります。

大人が先回りしすぎるのではなく、時に主導権を子供に渡すことも、必要なのではないでしょうか。

 

まとめ

子供にとって「いたずら」は「実験」であって、ただ単に「興味」をもったからやっている

「いたずら」と考えてしまうのは「大人」

大人は子供の実験を線引きし、時に「実験を見守る」ことも必要

どんな大人だって、数々のいたずらをして叱られて成長しています。

逆にいたずらをしてこなかった大人は、あまり好奇心がわかない魅力の無い人なのかもしれません。

子供たちの「実験」を、大きな心で見守れる大人になりたいです。

スポンサーリンク


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーかど

元教職歴7年です。 教員時代は1年生から6年生の学級担任と特別支援教室の担任の経験をしました。子供達曰く「楽しくて恐ろしい?先生」だそうです。色々、叱り過ぎたかなぁ・・・。 妻と娘との3人暮らしです。 箱から出しまくったティッシュを静かに戻したり、散乱したおもちゃをけなげに片付けたり、腕を引っ張られてもだまって付いていったり、と、娘の育児に奮闘するイクメン・・・のつもりです。いや、ママには勝てません! 趣味は、サイクリングに読書に登山にスノーボードに、と目新しいものに片っ端から手を出しています。