【子供を引きつける方法】子供を集中させるいくつかの方法

子供に何かをさせようと思っても、

全然違うところを見たり、ぼーっとしたり、ダラダラやったり...。

なぜ、子供は集中できないのでしょうか?

 

大人も子供も同じ人間です。

だから、子供について考える時、まず「大人だったら」どうなのか考えてみると見えてくるものがあります。

大人が集中できないときは、どんな時でしょうか?

 

「あっ、なんだか面白いポスターがあるぞ!」

「あーあ、早くこの仕事終わらないかなぁ」

「今日の夕飯のおかずは、何にしようか?」

 

こんなとき、集中できませんよね。

目の前の課題に集中できないのには、その理由があります。

今回は、いつくかの理由を考えながら、具体的にどうすれば子供が集中できる環境がつくれるのか、まとめました。

このまとめは、大人に対しても当てはまりますので、ご参考ください。

<スポンサーリンク>


 

見えるものを工夫する

子供が集中出来ない&集中力を切らせる原因、第一位です。

「見えるもの」の力は絶大で、何か気になるものが見えた途端、一気に子供の興味はそちらへいきます。

この特性を逆手に取ります。

子供を集中させたい環境では、目に見える範囲から集中力を切らせる物を無くせばいいです。

 

教員時代、この考え方を使ってみた結果、効果は絶大でした。

何をしたかというと、黒板(子供が集中させたい方向)の周りの張り紙を、全て外しただけです。

子供は、自分が向いている範囲に黒板しかなくなるので、自然とそちらを集中して向けるようになりました。

 

聞こえるものを工夫する

ある時から、うちの娘(1歳児)が食事を集中して食べなくなりました。

物を口の近くまで運んでも、そっぽを向いたり、手で払ったりしました。

「なぜ?」と夫婦で悩みましたが、あることに気づいて直すと、一発で解決しました。

 

テレビを消したことです。

 

恥ずかしながら、それまで我が家ではテレビを付けっぱなしで食事をしていました。

娘の向きからは画面は見えなかったのですが、その音に気が向いてしまい、目の前の食べ物に集中できなかったようです。

 

大人でもイヤホンをしながら読書をすると、内容が全然入ってこないことがあります。

大人よりも感覚が敏感な子供です。その五感に訴えるもの、特に目と耳に入るものに注意するだけで、子供の集中力は改善できます。

 

気になっていることを解決する

教員時代、クラスに何でも集中できる子がいました。

ある日、私がいつも通りに計算の練習課題を出すと、その子はまったく始めようとせず、鉛筆を持ったまま、じっと机に向かっていました。

「どうしたの?」私が聞くと、その子はこう答えました。

「プールに入るのが嫌で、朝から気が重いんです」

その子はあまり泳げる子ではありませんでした。私は、先生がプールの時間に助けること、周りの友達の注目をあびないように配慮することを話して、安心させました。

少しは落ち着いたようで、その子は課題に集中して取り組み始めました。

 

・・・大人の世界でも、よくある話です。

「何かが気になって集中できない」ことは。

大人だってできないのですから、子供はもっとできません。

その原因を、可能な限り取り除いてあげることが、時に集中力UPになります。

 

おもしろさを出す

おもしろくないものには、集中できません。

同じような内容でも、おもしろさがあるものと無いものでは、集中力が変わっていきます。

例えば、競争する要素を取り入れたり、途中で何か簡単なごほうび(シールを渡す、ハイタッチをする、くすぐる?など)をあげたり、

少しでも「おもしろそうだな」と思える仕掛けがあるだけで、子供の集中力は変わってきます。

あとは、その子が何をおもしろがるのか、見極めてみることが必要かと思います。

 

終わりまでの道筋を見せる

先が見えないと、不安ですよね。

子供が集中できない課題の場合、大半は終わりが子供に伝わっていません。

大人だって、

 

「とりあえず、いいと言うまで穴を掘り続けて。何時間でも。」

 

そんなこと言われたら、ある意味恐怖ですよね。やる気なんか起きません。

私だったら抗議して逃げ出します。

「終わりが見えない」ことは、子供にとって「無限穴ほり」状況だということです。

しかも相手は逆らっても勝てそうにない大人。恐怖感ハンパじゃない。

安心させるためにも「終わり」を見せてあげましょう。

 

終わると良いことがあると気づかせる

「これを終わらせたところで、何かいいことがあるのかな?」

そんな疑問をもってしまったら、やる気なんで吹き飛びます。

やる気を維持し、集中して取り組めるようにするためには、

終わりをみせたときに「終わるといいこと」も伝えましょう。

 

例えば「終わったら◯◯ができる」「終わったら◯◯が食べられる」と。

 

教育や心理の専門家からすると、こういったことは「動機づけ」の視点からすると、あまりよろしくないそうです。

専門家はそう言うでしょうが「目の前の現実」に対処することは、専門家では力不足です。

理想からは外れるかもしれませんが、とりあえず目の前の子供(と大人)を現状から救うために、行動してみるといいと思います。

 

まとめ

子供が集中できる環境の工夫

1 見えるものを工夫する

2 聞こえるものを工夫する

3 気になっていることを解決する

4 おもしろさを出す

5 終わりまでの道筋を見せる

6 終わると良いことがあると気づかせる

あまりおすすめしないのは、

「集中しなさい!」「ちゃんとやりなさい!」

と力で押すことです。

力は力で対抗されます。

その場では上手くいっても、いずれダメなときがきます。

どうすれば子供は集中できるのか、考えていろいろ試してみてください。

 

以上、おーかどでした!

<スポンサーリンク>


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーかど

元教職歴7年です。 教員時代は1年生から6年生の学級担任と特別支援教室の担任の経験をしました。子供達曰く「楽しくて恐ろしい?先生」だそうです。色々、叱り過ぎたかなぁ・・・。 妻と娘との3人暮らしです。 箱から出しまくったティッシュを静かに戻したり、散乱したおもちゃをけなげに片付けたり、腕を引っ張られてもだまって付いていったり、と、娘の育児に奮闘するイクメン・・・のつもりです。いや、ママには勝てません! 趣味は、サイクリングに読書に登山にスノーボードに、と目新しいものに片っ端から手を出しています。