【教員採用試験】学校の先生になるには?

学校の先生になる方法をまとめます。

学校教員は、職に就くためには教員免許が必要だったり、採用試験を受けたりと、他の職と異なり少し特殊な条件・方法になります。

スポンサーリンク



とりあえず「教員免許」が必要

学校の先生になるには、勤務先や国立・公立・私立を問わず、教員免許が必要です。

学歴により3種類

・専修免許←大学院卒

・1種免許←大卒

・2種免許←短大卒

以上のように、取得に必要な最終学歴が決まっています。

校種ごとに分かれる

現在、

・幼稚園免許

・小学校免許

・中学校免許

・高等学校免許

・特別支援学校免許

校種ごとに分かれているので、自分がなりたい学校の免許が必要です。

中学・高校免許は、さらに教科ごとに分かれる

中学・高校は教科担任制ですので、免許が教科ごとに分かれます。

・国語

・社会(高校は「地理歴史」と「公民」)

・数学

・理科

・英語

・・・などです。

まとめると

「小学校の先生になりたい!短大卒!」→小学校2種免許「全科」

「中学校の国語の先生になりたい!4大卒!」→中学校1種免許「国語」

スポンサーリンク



教員免許を取るには...

一番メジャーなのは「4年制大学教員養成系学部」

教員免許を取るために、一番メジャーな学校です。4年制大学の教員養成系学部(子ども学科とか児童文化学科とか)は「学校教員」になりたい人たちが集う場所であり、カリキュラムも教員免許取得用に特化されていますので、先生になりたい思いが強い人にとって、おすすめな進学先です。

免許も、ほとんどの種類の免許が取れます。学科や専修によって教科や校種の違いはありますが。

また「小学校」「幼稚園」「特別支援学校」の免許は、教員養成系学部以外の学部では取得が難しいので、これらの志望者は教員養成系学部を選択することになります。

中学・高校の免許なら、他の学部でも取れる

中学と高校の教員免許は「国語」「数学」といったように教科ごとになっているので、教育学部以外の学部でも取ることができるものもあります。

・経済学部→中学「社会」と高校「公民」

・文学部→中学「国語」と高校「国語」

ただし、教員養成系学部と違って、卒業に必要な単位以外に「教職課程」として単位を積み増さないといけないので、結構ヘビーです。周囲の倍は授業に出て、勉強しなければいけないので...。

短大や通信制でも取れる

短大や通信制でも免許を取ることができます。

短大は学歴要件の関係から「2種免許」に、通信制では「教育実習」を自分で開拓しなければいけないなど、一般の教員養成系学部に通うより大変ですが、やれないことはないです。

免許が「2種」であることや、通信制で取得したことなどは、採用試験の合否に影響しません。(特に、都市部の自治体であれば)

全国的に「学力重視」「指導力重視」の傾向がこれからも続きますので、「どこどこ出身」より、「今、何ができるのか」が問われてくると思います。免許の種類や取得した場所に拘るより、アピールできるスキルを高めていった方が良いと思います。

公立学校の先生を目指すなら「教員採用試験」

日本の学校(大学・短大以外)の大半は、公立学校です。都道府県や市区町村が設置した学校ということです。

それらの学校で先生になるには、なりたい自治体の教員採用試験を受ける必要があります。

採用試験について、詳しくは以下の記事にまとめてありますので、そちらを。

【教員採用試験】目指せ合格!試験内容と特徴まとめ

私立学校の先生を目指すなら「採用面接」

私立学校の先生を目指したいのなら、各学校ごとの試験を受けます。

それぞれの学校で条件が異なってきますので、学校ごとの採用情報をよく確認することが必要です。

また公立学校と違い、毎年採用があるとは限りません。先生たちの年齢層も、私立学校によってまちまちなので、受けたい年度に採用が無かったとしたら、次いつ採用があるのかは分かりません。

一つの私立にこだわる、というよりは、いくつかの私立を併願して時期を待つ、そんな受験方法がいいと思います。

公立学校では臨時の職もたくさんあります

教員採用試験に落ち、私立学校を受験しなくても、学校の先生にはなれます。

校種にもよりますが、

・突然の退職の代替←臨時任用教員

・産育休に入る教員の代替←産育休代替教員

人事に法律と予算が絡んでいる世界なので、急な人事異動に対して正規職員を充てる...ことができません。

そんなところを、臨時教員が補充します。任用期間が限定的な職ですが、職に就くことはできます。

詳しくは、自分が採用されたい自治体の人事課に問い合わせてください。現在は特に、都市部の「小学校教諭」が圧倒的に不足している状況ですので、小学校免許を持っている人は、採用先が選べるくらいに仕事の話が来ると思います。

また、始めに臨時教員からキャリアをスタートしても、その後のキャリアに不利には働きません。教職経験は、採用区分がなんであれ、一律に評価される仕組みがありますし、中学・高校の先生なんかは正規採用数が少ないので、臨時から始めて、5年〜10年以内に正規職へ...というコースがざらです。

まとめ

学校の先生になる方法

1 教員免許をとる←4大、短大、通信制

2 採用試験などを受ける

3 ダメでも、何とかなる

採用区分は何でもいいので、とにかく「現場に立ってみる」ことをオススメします。自分が持つ教員免許がどれだけ多くあっても、それが「1種」「専修」だったとしても、現場で仕事ができない人はいますので。

スポンサーリンク


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーかど

元教職歴7年です。 教員時代は1年生から6年生の学級担任と特別支援教室の担任の経験をしました。子供達曰く「楽しくて恐ろしい?先生」だそうです。色々、叱り過ぎたかなぁ・・・。 妻と娘との3人暮らしです。 箱から出しまくったティッシュを静かに戻したり、散乱したおもちゃをけなげに片付けたり、腕を引っ張られてもだまって付いていったり、と、娘の育児に奮闘するイクメン・・・のつもりです。いや、ママには勝てません! 趣味は、サイクリングに読書に登山にスノーボードに、と目新しいものに片っ端から手を出しています。