【学習指導】授業が失敗する5つのポイント

学校現場にいたとき、様々な人の授業を見ました。もちろん、自分でも数々の授業を行っていきました。

その中で、やはり授業には「上手い下手」があることに気付きました。

自分では「上手く」やっているつもりでも、授業を見ていた人から意見をもらうと、致命的な失敗をしていたり、

逆に自信満々で授業をしている人の授業でも「これは違うよなぁ〜」と思わされる場面があったりと、

自分では意外と分からなくなっている場合が多いです。

 

そんな授業でも、何年かやっていると、

「さすがにこの点を外すと失敗する」

というポイントが分かってきました。

 

結局は「誰が受けるか」「何をねらうか」「内容はどうするか」などの要素によって、失敗ポイントは変わってくるのですが、

ある程度の共通点があることも確かです。

 

今回は、その点を5つまとめてみます。

スポンサーリンク


話が長過ぎる

学校の授業に関わらず「人が集まって何かをする」イベントに関して、大きな割合を占める失敗ポイントはこれです。

主として、場を動かす人(学校なら教師、会議なら議長など)の話が長いと、その集まりは失敗に終わります。

なぜか?理由は2点あります。

 

1つは、それによって参加者のやる気が低下していくからです。

人間、心から望んで聞きたい話はそんなにありません。そもそも、その時の関心によって変わっていくものです。

それなのに「学校」では、無条件に着席して教師の「興味がわかない」話を聞かされる。

これが5分なら我慢出来ても、数十分続くのは苦痛でしかありません。

 

2つ目は「ラーニングピラミッド」の研究結果によるものです。

詳しくは、別の記事にまとめたので、お読みください。

簡単にまとめると「聞く活動から得られるものは、ほとんど無い」ということです。

「話を聞く」時間そのものは、ほぼ学習者には残らない、つまり無駄です。

以上2点の「負の効果」より、長い話は授業そのものを壊します。

流れに無理がある

一つ一つの活動の関係性が薄かったり、そもそも無かったりする場合です。

例えば、国語の授業で物語を音読しただけなのに、その後に一人ずつ感想の発表を求めたり、理科で手順も説明していないのに実験を始めたり...。

「そりゃ、むちゃだ!」

って授業、意外とたくさんあります。

 

教師は授業を準備する中で、その授業に対して詳しくなります。

詳しくなると「この部分は飛ばしても大丈夫だよね」と、細かな部分にたいして注目しなくなります。

けど、実はその「細かな部分」こそ、授業を受ける子供が気になる部分であり、引っかかる部分であることが、よくよくあります。

 

たまにする失敗ならいいのですが、元々そんな細かな部分に気を払わない授業をしてしまうと、失敗の確率が大きく上がります。

時間配分がめちゃくちゃ

「授業が始まって40分、先生の長話が終わったと思ったら、残り5分で感想をまとめて発表するの!?」

「30問を5分でやれって...むりだよ...。」

授業時間は決まっています。その枠の中で授業を終えなければなりません。

時間配分がめちゃくちゃだと、そもそもその授業は失敗したことになります。

 

こういった例、結構よくある話です。

人間、自分には甘く他人には厳しいですので、教師にとって自分の活動である「話す・見せる」は長めになりがちで、他人の活動である「書く・考える・まとめる」は短くなりがちです。

スポンサーリンク



活動が一方的

「この授業、先生の話で終わっちゃった。」

「さっきから、ずっと子供たちが相談してばかりだけど...。」

活動が一方的で変化が無いものも、失敗しやすいです。

一つの活動が長すぎると、どうしても飽きやダレがきてしまいます。

集中力に欠けては、良い授業は成立しません。

それを防ぐため、子供の興味を引き出すためにも、変化を付けた構成が必要だと思います。

時には「ひたすら◯◯する」授業も良いんですけどね。(私もよく「書きまくる」「読みまくる」「話まくる」ような授業をやりました。)

結局、何をやったのか分からない

「それで、この授業は何だったのかな?」

「先生は何がしたかったのかな?」

見ている大人にも、受けている子供にも、そう思われてしまったら最悪です。

その時間、何もしなかったのと一緒ですから。

構成や他の部分が未熟でも、

「◯◯をした!」「◯◯が分かった!」

こういった達成感を子供にもたせることが必要です。

まとめ

授業を失敗する5つのポイント

1 話が長過ぎる

2 流れに無理がある

3 時間配分がめちゃくちゃ

4 活動が一方的

5 結局、何をやったのか分からない

授業はいきなり上手くいかないし、ベテランでも気を抜いていると失敗します。

大切なのはポイントを押さえた上で「成功の打率を上げていくこと」だと思います。

何かの参考になれば、嬉しいです。

スポンサーリンク


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーかど

元教職歴7年です。 教員時代は1年生から6年生の学級担任と特別支援教室の担任の経験をしました。子供達曰く「楽しくて恐ろしい?先生」だそうです。色々、叱り過ぎたかなぁ・・・。 妻と娘との3人暮らしです。 箱から出しまくったティッシュを静かに戻したり、散乱したおもちゃをけなげに片付けたり、腕を引っ張られてもだまって付いていったり、と、娘の育児に奮闘するイクメン・・・のつもりです。いや、ママには勝てません! 趣味は、サイクリングに読書に登山にスノーボードに、と目新しいものに片っ端から手を出しています。