【教員の指導技術】授業を作り上げる4つのポイント

現役教員時代、毎回の授業を組み立てるのが、

本当に面白くて、本当に大変で、

いろいろと苦労した経験があります。

毎回、研究授業のような大作は難しいです。

けど、手を抜きすぎると、まったく意味の無い時間になってしまいます。

 

そこで、今回は、

私が思う毎回の授業で押さえておくポイントを4つ

紹介します。

もちろん、コレ以外、ポイントはいくつもありますが、

基本の基本は、

45分の授業を「いくつかの活動の組み合わせ」と考える

ことです。

ユニット化

なんて言ったりもします。

45分を、例えば15分3回の3ユニットが組合わさった時間と考えて、

それぞれのユニットでは何をするのかをデザインしていきます。

<スポンサーリンク>


授業を作り上げる4つのポイント

一つ一つの活動内容をどうするか?

ユニット化して考え始めた場合、

その一つ一つのユニット、つまり活動をどうするか、何をするかを考えることから始まります。

子供の視点からすると、大まかに、

「聞く」のか、「読む」のか、「話す」のか、「調べる」のか。

どのような活動をするのか、まず考えることから始まります。

もちろん、全体の狙いから外れてはいけませんが、

狙いを達成できる活動であれば、いくつかの候補をあげて、

その組み合わせを考えていきます。

経験上、1授業を2〜4つの活動に分割すると、上手くいくことが多いです。

それより少ないと子供の思考が停滞気味になり、

それより多いと活動が終わらず、消化不良になります。

大人も45分間、ずっと同じ事をするより、

違った事を少しずつ行った方が飽きませんよね。

 

ユニット同士の組み合わせはどうするか?

1で活動の候補がいくつか出てきたら、

それらを組み合わせて全体の流れを考えます。

組み合わせの順番をどのようにしていくかが、

ある意味、腕の見せ所です。

例えば、

「①書く→②話す→③書く」

「①聞く→②書く→③話す」

「①調べる→②話す」

など、いくつかのパターンがあります。

いろいろ試してみて、その内容に最適な進行を考えるといいです。

 

活動の時間配分はどうするか?

それぞれの活動に、どのくらいの時間を配分するか。

最終的なバランスを考えます。

 

例えば、

「①聞く(5分)→②調べる(30分)→③話す(10分)」

などなど、です。

 

これが、

「①聞く(30分)→②調べる(10分)→③話す(5分)」

では、子供の学習ではなく、教師の発表会になってしまいます。

 

また、

「①聞く(5分)→②調べる(10分)→③話す(30分)」

では、②調べる時間が短すぎ、子供に不満が残ることや、③話す時間が長過ぎて、集中力が無くなってくることが、想像できます。

 

そういったことを予想しつつ、最適と思われる時間配分を考えていきます。

 

準備する物はあるか?

全体の構想が決まったら、あとは準備物の確認です。

授業に必要な物を大きく2つに分けると、

教師が必要な物子供が必要な物

になります。当たり前ですが...。

 

ただ、必要な物を、

「それが無いと進まない物」

と、

「別に無くても構わない物」

に分けて考えることが、とても大切です。

そして、「別に無くても構わない物」は、あえて用意しません。

 

教師は心配性です。

だから、何でも準備したがります。

そして、ほとんど使いません。

だから、準備段階で「見切る」ことがとても大切です。

 

まとめ

授業の構成については、いろいろな考え方、組み立て方があります。

よく「目標からぶれないように」と言われますけど、

毎回の授業で、そんなことを細かに考えてはいられません。

はっきり言って。

 

けど、目標は大切なので、

1回の授業ではなく、単元、学期、学年を通して達成すれば良いです。

そう思って、毎回の授業を気楽に進めることが、

授業術最大の秘訣なのではないでしょうか。

毎日、楽しく!

 

以上、おーかどでした!

<スポンサーリンク>


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーかど

元教職歴7年です。 教員時代は1年生から6年生の学級担任と特別支援教室の担任の経験をしました。子供達曰く「楽しくて恐ろしい?先生」だそうです。色々、叱り過ぎたかなぁ・・・。 妻と娘との3人暮らしです。 箱から出しまくったティッシュを静かに戻したり、散乱したおもちゃをけなげに片付けたり、腕を引っ張られてもだまって付いていったり、と、娘の育児に奮闘するイクメン・・・のつもりです。いや、ママには勝てません! 趣味は、サイクリングに読書に登山にスノーボードに、と目新しいものに片っ端から手を出しています。