【学校教師を目指す!】教員の様々なタイプについて

ある程度の年数、学校現場で働いてみると、

「学校には本当に色んな種類の人間がいるなぁ〜」

とつくづく思います。

人が集まって形成する集団である以上、様々な種類の人間が集まるのが当然ですが、

今回の記事は学校に特徴的なタイプを3つに分けてまとめてみました。

 

なお、もちろんこの分類が全てではありませんし、ここでの記事は管理人の全くな主観です。

また「一つの傾向を極端にして」書いていますので、「おもしろい読みもの」程度に思ってお読みください。

スポンサーリンク


熱血滅私奉公型

一般の方が「先生」とイメージするタイプです。

「全ては子供のために!」

と自分の私生活まで投げ出して頑張ってしまいます。

毎日夜遅くまで残って授業準備に励み、土日も休まずしっかり出勤します。

中学高校の先生であれば、自分が顧問の部活動指導に土日を問わず打ち込んでいきます。

指導方法も(仕事の準備に多大なる時間をかけている割には)熱血的、力づくな面が多い傾向があります。

このタイプの先生は、学校組織の核になることが多く、校内他の先生からも一目置かれ、学校行事や研究活動でのキーパーソンになっていきます。

 

もちろん、このようなタイプにも欠点があります。

頑張ることはいいのですが、あまりに仕事にかけるウェイトが大きすぎて、私生活は全くダメです。

「全てが学校」なので、世間の常識も、最新の情報も、流行のテレビ番組も全く分かりません。

家庭を省みないので、家庭崩壊寸前か、そもそも結婚すらしていない人が多いです。

そして、人生の力のかけかたが「仕事一択」なので、仕事が上手くいかなくなると途端に崩れます。周りに当たり散らすか、自分に絶望して自滅していきます。

管理人もこういうタイプの方が、身を持ち崩していく様を何度か目撃しました。

 

本人が選び取っているやり方なので何とも言えませんが「バランスが取れていないことが最大のリスク」なのかと思います。

真面目型

これも一般的な「先生イメージ」に当てはまるでしょうか。

先ほどの「熱血型」が体育会系のイメージであれば、こちらは文化系のイメージです。

特徴は、とにかく真面目であることです。

授業もきっちり時間通りに、子供との対応も熱すぎず冷たすぎず、校内の仕事も一人一人丁寧に確認を取って進める...。

真面目である以上、評判が悪くはありません。特別に好かれるわけではないですが、特別に嫌われるわけでもありません。

とにかく、全てにおいて「一般的」なタイプです。

 

一緒に仕事をする上では全く不満がないのですが、このタイプにも当然欠点があります。

それは「疑いをもたない」ことです。

学校組織は成果が見えにくいです。「子供の教育」という投資効果がすぐには判別しない仕事をしていますので(教育経済学ではある程度、投資効果が割り出せるようですが)「何が◯で何が×」かは、はっきり言って「関係の力学」で決定されます。

つまり「偉い人(年上・上級職)が言ったことは、正しい」になります。

 

真面目タイプはこの力学の犠牲になります。だって真面目に従うことが能力ですから。

偉い人が「働け」と言ったら、長時間残業を厭わず、

偉い人が「叱れ」と言ったら、体罰まがいの叱責を児童や生徒に与える、

自分で考えることを放棄してますので、結果して「組織の優秀なコマ」になります。

スポンサーリンク


公務員型

「自分の権利は徹底的に主張するタイプ」です。

学校教員は公務員であることが多い(もちろん私立学校など例外もあります)です。

また私立学校であっても、通常の企業と異なり人の入れ替えが少ない傾向にあります。

つまり、比較的労働者が権利を主張しやすい環境です。

 

そこでこの「公務員タイプ」は徹底的に自分の権利を主張します。

定時出退勤はもちろん、与えられた有給は全て消費するのが当然です。

また、少しでも管理職が労働条件と異なることを言うと、すぐにそこを突きます。

休憩時間にも大変厳しいです。

 

前2つのタイプとは違い、欠点を先に列挙してしまいましたが、昨今の「働き方改革」を受けて、こういったタイプの必要性が高まっているのも事実です。

言っていることは労働者として間違いではないのですから。

ただし、自分の権利主張が先に立ち過ぎてしまうと、そればかりになってしまい、本来の職務に支障が出てしまいがちです。

ここでも、やはりバランスを取ることが大切でしょうか。

まとめ

学校教員の3つのタイプ

1 熱血滅私奉公型

2 真面目型

3 公務員型

最初にも書きましたが、これは私の主観ですし、ある側面を極端に解釈したものです。

「そーいえば、あの人こんな特徴があるな」くらいに、笑い話にしていただければ嬉しいです。

スポンサーリンク


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーかど

元教職歴7年です。 教員時代は1年生から6年生の学級担任と特別支援教室の担任の経験をしました。子供達曰く「楽しくて恐ろしい?先生」だそうです。色々、叱り過ぎたかなぁ・・・。 妻と娘との3人暮らしです。 箱から出しまくったティッシュを静かに戻したり、散乱したおもちゃをけなげに片付けたり、腕を引っ張られてもだまって付いていったり、と、娘の育児に奮闘するイクメン・・・のつもりです。いや、ママには勝てません! 趣味は、サイクリングに読書に登山にスノーボードに、と目新しいものに片っ端から手を出しています。