【先生の仕事】教師の一日

先生の1日は、とても慌ただしく始まります。そして、仕事量が多岐に渡ります。

朝7時に出勤して一日の流れを確認したら、すぐに子供たちが登校して来ます。

子供たちの生活を指導して、授業をして、休み時間に一緒に遊んで、給食食べてから掃除をして,,,大した休憩時間も無いまま、気がついたら午後で、さっき来たはずの子供たちとお別れ。そして、保護者に電話をしたり、次の行事の準備をしたり、校内の会議に出たりしていたら、あっという間に17時18時に。

そこから、明日の授業の準備と、これからの予定を考えていたら、時計の針は21時を指す頃に、、、。

そんな生活が繰り返されます。

今回は「先生の一日」ということで、管理人が教員時代の一日の流れをまとめました。こんな感じに先生の一日は過ぎていくのか,,,と思って読んで頂ければと思います。

スポンサーリンク



登校前のゴールデンタイム

多くの学校の始業時刻は8時台ですので、子供は8時半までには登校します。

一旦登校してしまうと、その後は子供への対応(学習・生活指導)が始まりますので、授業や学級経営上の準備は「登校前」に行う必要があります。

ある意味「登校までが勝負!」なところがあります。

管理人も学校教員時代、7時台に出勤し、子供が登校してくる時刻までの時間を計算し、

「あと10分で2時間目の準備をして、次の5分でプリントの整理をして、最後の15分で◯付けをして...」

と、計画的に仕事をしていた記憶があります。ただ、この職の悲しいことは、自分でどれだけ計画を立てていても、

「◯◯先生、お電話でーす」

「◯◯先生、ちょっとこれを手伝って!」

と、様々な方面から「妨害」が入ることです。せっかくの貴重な独り時間なので、この朝の時間を上手く活用して、

・授業準備

・学級経営計画と準備

・生活指導準備

・行事計画

・校内行事の起案文書作成

...などなど、やれる事をやってしまえれば、その一日がかなり楽になります。仮に終わっていなくても、

「あと・・・と××が終わってないから、・・・は午後やって、××は明日に回して、、、」

と計画が立てやすくなります。

朝の時間を制す者は、一日を制します。

ほんとに。

午前中が勝負!

子供が登校してきたら、朝の生活指導や提出物の確認などをして、いよいよ授業時間に入ります。

日本の学校(小中高)は、ほぼ午前中で授業が終了するように時間割が組まれていますので、先生の仕事にとっても「午前中が勝負!」です。

管理人は小学校教員経験者ですので、午前中の4時間で、

1 国語

2 算数

3 理科

4 社会

と、主要4教科全てを連続で教えたこともあります。というか、その例はまだいい方で、

1 体育

2 音楽

3 図工

4 図工

なんて、実技科目の連続になることも(滅多に無いと思いますが)ありうる話です。「全科」な小学校教員の悲しさなのですが、短時間で様々なことに対応していかなければなりません。

午前中が始まってしまうと、授業準備をしている暇は、ほぼありませんので、事前の準備が大切です。それは、何度も思い知ったことなのですが...。

給食は「休憩」ではない!

怒濤の午前中が終わると、お腹が減ります。

そう「給食」です。学校にもよると思いますが、教員も子供たちと同じ教室で給食を食べます。この給食は、教員にとって休み時間ではありません。

給食中も教員の仕事は山ほどあります。

・給食配膳前に、子供たちが給食モードにさせる。(机の形を変えたり、身支度をさせたり)

・給食は以前中の指導。(給食当番の動きや、配膳中の振る舞いなど)

・給食中の「食育」(食材の紹介や、好き嫌い無く食べるように声をかける、おかわりの指示など)

・給食片付けの指導(静かに食器を運ぶ、給食当番の片付けを指示ずる)

...ざっと書いてみただけでも、これだけの仕事があります。まだまだあったと思います。

これはあくまで「子供たちに対する指導」であって、食事が始まって落ち着いたら◯付けや午後の授業準備など、出来る作業をしてた気がします。私の現役時代は。

実質、先生の食事時間は5分も無いのでは?忙しいです。ほんと。

スポンサーリンク



子供たちが帰ってからも「仕事」

給食が終わり、掃除が終わり、昼休みが終わり、午後の授業が終わり、子供たちの下校が終わり...。

「さぁ、仕事だ!」という感じになります。下校が終わると。

子供たちが帰ってからも、

・職員同士の打ち合わせ

・次の行事の準備

・保護者からの電話への対応

・学年だよりの作成

・校内作業の起案文書作成

・研修のまとめ作成

...なんて次から次へと押し寄せる仕事をさばいていると、

「◯◯公園で、うちの学校の子がトラブルを起こした!」

との情報が、、、さぁ、、、公園へ行って指導をするぞ、、、。

本当、学校現場の仕事にはキリが無いです。なぜか、次から次へと仕事が降ってきます。

なぜか守られない「定時」

そして気がつくと「定時」

子供たちの下校時刻は厳格に守るのに、守らせている大人は「自分たちの下校時刻」を守りません。

いや、守りたくても守れないんです...。

先ほど書き出した仕事は、全て対外的な仕事です。

小学校教員でしたら自分の学級、中学・高校教員でしたら自分の授業の、

・明日の授業準備

・今日の授業の振り返り

・子供の提出物の評価や◯付け

・学級運営上の必要作業

は、後回しになり、定時過ぎに一気に片付けるような感じがあります。

そっちが本職のような気もしますが...。

残業続くよ、どこまでも...

そして残業は続きます。

中学・高校の先生は、これに「部活道指導」も入りますので、更に業務が後回しになるかと思います。

 

管理人が初任者時代、研修でお世話になった指導主事は、

「子供に見せるべき先生は『元気で明るい先生』なのだから、そうなるような健康管理が一番の仕事。子供見られていない午後の業務は、出来るだけ減らすか手を抜いて、さっさと帰る習慣をつけることが、長く教員を続ける秘訣だよ。」

そんなことを言っていました。その方は現役時代「ほぼ定時退勤」を貫いたスーパーマンです。だから指導主事になったのだと思いますが...。

 

致し方ないこともありますが、自身の心身に負荷をかけ過ぎている残業は、出来るだけ減らしていくべきだと思います。

まとめ

先生の一日をまとめてみました。

定型的な仕事の面も強いので、ある程度流れが決まってしまうと、一日がスムーズに流れていきます。しかし、突発的な対応が求められる場面も多いです。

スポンサーリンク



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーかど

元教職歴7年です。 教員時代は1年生から6年生の学級担任と特別支援教室の担任の経験をしました。子供達曰く「楽しくて恐ろしい?先生」だそうです。色々、叱り過ぎたかなぁ・・・。 妻と娘との3人暮らしです。 箱から出しまくったティッシュを静かに戻したり、散乱したおもちゃをけなげに片付けたり、腕を引っ張られてもだまって付いていったり、と、娘の育児に奮闘するイクメン・・・のつもりです。いや、ママには勝てません! 趣味は、サイクリングに読書に登山にスノーボードに、と目新しいものに片っ端から手を出しています。