【教員の指導技術】話したことはなぜ伝わらないのか?〜ラーニングピラミッドについて〜

「ラーニングピラミッド」を知っていますか?

「学習定着率」(学習したことが、どれくらい学習者に残っているのか)を調査してまとめたピラミッドです。

詳しくは、ググってください。見やすいピラミッドが出てきます。

アメリカの教育学者、心理学者の研究により明らかにされたものですが、ここで衝撃的なことが明らかにされました。

 

なんと、

 

講義の学習定着率は5%!

 

つまり、話を10分聞いたとしたら、

そのうち本当に理解出来ているのは30秒だけ、

ということです。

 

「話したことが、なぜ伝わらないのか?」

この記事のテーマはこれにて終了です。

 

だって、5%しか残らないから!

 

それを逆手に取り、

「では、どうしたら伝えたいことが伝わるのか?」

まとめてみました。

スポンサーリンク


「聞く」5%、「読む」10%、「見る」20%

ラーニングピラミッドによると、このような定着率になるそうです。

この3つに共通しているのは、いずれも「受け身の学習」ということです。

学習者が自分から行動せず、

「聞くだけ」「読むだけ」「見るだけ」

になると、学習効率はとっても低下します。

 

これを教える側からすると、

「なぜ、ちゃんと話して、読ませて、見せているのに、こんなに伝わっていないのか?」

という疑問になります。

でも調査で分かってしまっていることのなので、仕方ないです。

「体験する」75%、「教える」90%

授業をしたことがある人(あまりいないかもしれませんが...)は、こんな体験したことがあると思います。

自分で行った授業が終わったとき、その授業内容について、

「なるほど、こういうことだったのか!」

と気づいて納得すること。

自分が行った授業なのだから、当たり前じゃないか!と思われますが、

ラーニングピラミッドからすると、これは正しい反応みたいです。

 

ピラミッド上、一番学習効果があるのは「人に教えること」

次は「自分で体験すること」だそうです。

 

皮肉な話ですが、ある授業を受けた結果、

「一番納得して」「一番学習が進んだ」のは、

その授業をした教師本人

です。

スポンサーリンク


授業への応用

教育者からすると「ではこの結果を現場で活かしてやろう」となります。

それが昨今話題となっている「アクティブラーニング」(学習指導要領では違う言葉があてられるようですが、同じ意味です)です。

ざっくり言ってしまうと、

・今までの「聞くだけ」「読むだけ」の授業はやめよう。

 ・これからは「体験」や「教える」活動を入れてみよう。

こんな感じです。

 

全部が全部、こんな授業にするのは難しいと思いますが、授業の方向性として、

自分で活動する

場面を入れていった方が、結果として教師も教えがいがあるし、子供たちの理解も進みます。

まとめ

ラーニングピラミッドより

 ・学習定着率を上げることが、より良い学習につながる。

 ・「聞く」5%、「読む」10%、「見る」20%

 ・「受け身」になってしまう学習は学習定着率が悪い。

 ・「体験」75%、「教える」90%

 ・「自分から」活動する学習は学習定着率が良い。

テーマに戻ると「話したことは伝わりません。だって『話す』という行為だからです」が結論になります。

相手に何かを伝えたいのであれば、様々な方法を考えてみるのが良いですね。

スポンサーリンク


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーかど

元教職歴7年です。 教員時代は1年生から6年生の学級担任と特別支援教室の担任の経験をしました。子供達曰く「楽しくて恐ろしい?先生」だそうです。色々、叱り過ぎたかなぁ・・・。 妻と娘との3人暮らしです。 箱から出しまくったティッシュを静かに戻したり、散乱したおもちゃをけなげに片付けたり、腕を引っ張られてもだまって付いていったり、と、娘の育児に奮闘するイクメン・・・のつもりです。いや、ママには勝てません! 趣味は、サイクリングに読書に登山にスノーボードに、と目新しいものに片っ端から手を出しています。